コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食糧庁 しょくりょうちょう

5件 の用語解説(食糧庁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食糧庁
しょくりょうちょう

国家行政組織法および農林水産省設置法に基づき,農林水産省の外局として設置された行政機関。主要食糧の国家管理および主要食糧をおもな原料とする飲食料品の生産,流通,消費の調整を行なうことをおもな任務とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくりょう‐ちょう〔シヨクリヤウチヤウ〕【食糧庁】

農林水産省の外局の一。国民の主要食糧の管理、主要食糧を主な原料とする飲食料品の生産・流通・消費の調整などを行う。昭和24年(1949)設置。平成15年(2003)廃止。本庁は本省の総合食料局(現食料産業局)、地方支分部局の食糧事務所は地方農政事務所(現農政局地域センター)に再編された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

食糧庁【しょくりょうちょう】

主要食糧の国家管理,飲食料品および油脂の生産・流通・消費の調整を行う農林水産省の外局。1949年設置。付属機関米価審議会がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくりょうちょう【食糧庁】

主要食糧の管理、主要食糧を原料とする飲食料品の生産・流通・消費の調整などを行なった、農林水産省の外局の一。2003年(平成15)廃止。主要食糧行政は本省に統合。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食糧庁
しょくりょうちょう

2003年(平成15)まで存在した政府機関。林野庁水産庁と並ぶ農林水産省の外局の一つであった。長は食糧庁長官であり、1名の次長がこれを助け庁務を整理した。主たる任務は、主要食糧の国家管理ならびに主要食糧をおもな原料とする飲食料品の生産、流通および消費の調整を行うこと。内部部局として長官官房のほか管理部、業務部の2部があった。食糧庁には米価審議会が置かれ、農林水産大臣の諮問に応じ、米価その他主要食糧の価格の決定に関する事項を調査審議し、これに関して必要と認める事項を農林水産大臣に建議した。また食糧管理の実務に関する講習を行う機関として食糧管理講習所が置かれ、地方支分部局としては、各都道府県に食糧事務所があった。食糧管理法による米価政策が崩壊し、食糧法の施行によって米の計画流通制度が形骸(けいがい)化するなかで、食糧庁はその存在意義を失い、2003年6月末をもって廃止された。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食糧庁の関連情報