コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減反 げんたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

減反
げんたん

米の生産調整を図るため,稲作の作付け制限を行なうこと。米は 1963年をピークに消費量が減少し,その一方で生産技術の向上により収穫量が増大・安定したため,米の過剰をきたした。そこで 71年から他の農作物への転作休耕などによって,需給のバランスを図る減反政策がとられるようになった。減面積は年々増え,88年には水田の約 30%,約 82万 haが減反となった。しかし農民の反発が強く,農水省は 89年,90~92年度の減反面積を据え置くことを発表した。この結果,米は新たな過剰時代に入ったといわれる。一方でアメリカからの輸入自由化の圧力がさらに強まるなか,93年には冷夏による大凶作で一転して米不足という事態が発生,米問題は一層深刻化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

減反

コメの生産を抑制し、米価の下落を防ぐ政策。農水省が需要を予測した上で生産数量目標を定め、都道府県に割り当てる。11年産米の生産数量目標は795万トン(前年比2・2%減)。ピークだった67、68年実績の半分強の水準にあたる。水田だった耕作地の半分近くが、減反でコメ以外の生産に振り向けられたり、耕作放棄地になったりしている。

(2011-03-03 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐たん【減反/減段】

[名](スル)作付け面積を減らすこと。「昨年の半分に―する」「―政策」⇔増反

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

減反
げんたん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の減反の言及

【生産調整】より

…そのねらいは,単に米から他作物への転作を図るだけでなく,地域輪作農法の確立などを通して土地利用型農業の生産性向上と確立に置かれていたが,なお所期の成果はみられなかった。95年新食糧法に移行した新たな食糧管理制度の下でも,97年には減反目標面積は過去最大の96万haと設定された。【今村 奈良臣】。…

※「減反」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

減反の関連キーワード戸別所得補償制度と民主党代表選コメ農家への戸別所得補償制度農業者戸別所得補償制度岩手でのリンドウの生産コメ生産枠の県間調整ウルグアイ・ラウンド秋田県南秋田郡大潟村岩手の葉タバコ生産戸別所得補償制度加工品の原料米大中の湖干拓地コメの生産調整食糧管理制度東神楽[町]農業生産組織農業補助政策他用途利用米水田フル活用減反自主参加県内の減反

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減反の関連情報