コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道仁法親王 どうにんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道仁法親王 どうにんほうしんのう

1210-1263 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の皇子。
承元(じょうげん)4年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)天台宗園城(おんじょう)寺の覚仁(かくにん)法親王の弟子。静忠(じょうちゅう)から灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。宝治(ほうじ)2年親王,のち法住寺門跡(もんぜき)から園城寺長吏にのぼる。大原野宮と称された。弘長(こうちょう)3年1月14日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道仁法親王の関連キーワード美作内侍鎌倉時代土御門承元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android