道今古(読み)みちの いまふる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道今古 みちの-いまふる

?-? 平安時代前期の女性。
加賀(石川県)大野郷の人。加賀権掾(ごんのじょう)大神高名の妻。夫の死後その塚のかたわらで日夜なきつづけ,数年をすごした。仁和(にんな)元年(885)朝廷にその貞節を賞され,位二階をうけ田租を免除された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android