コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道六 どうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道六 どうろく

?-? 織豊時代の茶人。
奈良春日(かすが)の子守(こもり)社(率川(いさがわ)神社)の近くにすみ,農作業のかたわら茶をたしなんだ。千利休親交があり,天正(てんしょう)15年(1587)の北野大茶湯(きたのおおちゃのゆ)には利休の推薦で南都三十六人衆のひとりとして参加した。通称は子守道六。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道六の関連キーワード歌川広重(初代)層雲(俳句雑誌)木曾街道六十九次吉野織部之助木曽路美術館小森真理子荻原井泉水西川(町)長久保智子黄道吉日守永真彩中村直美汾陽麻衣田中美穂貴堂寛之渓斎英泉中村真生出合正幸濁河温泉織豊時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道六の関連情報