コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道具的コミュニケーション どうぐてきコミュニケーションinstrumental communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道具的コミュニケーション
どうぐてきコミュニケーション
instrumental communication

コミュニケーションの一様式。送り手が受け手になんらかの情報や意思を正確に伝え,受け手の態度行動に影響を与える目的の手段として使われるコミュニケーションのことをいう。コミュニケーション過程において,コミュニケーションが送り手の,ある特定の意図の達成のための手段的,道具的観点からなされるのでこの名がある。「表出的コミュニケーション」あるいは「自己完結的コミュニケーション」の対概念として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android