道徳科学(読み)ドウトクカガク

精選版 日本国語大辞典の解説

どうとく‐かがく ダウトククヮガク【道徳科学】

〘名〙 (science des mœurs の訳語) 社会学の一つ。道徳意識の内容を客観的な社会的事実と認め、他の社会的事実と関連・対比することにより、その法則を知ろうとする科学。道徳の社会的規範・義務・権利などがその対象となる。フランスの社会学者、レビィ=ブリュールの唱えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道徳科学の関連情報