コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道念山三郎 どうねん さんざぶろう

1件 の用語解説(道念山三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道念山三郎 どうねん-さんざぶろう

?-? 江戸時代前期-中期の音曲師。
貞享(じょうきょう)-正徳(しょうとく)(1684-1716)のころ,京都を中心に流行した踊口説(おどりくどき)道念節の始祖。木遣(きやり)の音頭(おんど)取りであったという。道念節の祖は道念仁兵衛(にへえ)で,山三郎はその高弟とする説もある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の道念山三郎の言及

【道念節】より

…江戸時代の盆踊歌の一種。貞享から享保(1684‐1736)のころに流行した踊口説(くどき)で,京都で木遣りの音頭をとっていた,道念山三郎が歌いだしたことから名付けられた。祇園の盆踊唄として〈都踊口説〉〈都音頭〉ともいわれた。…

※「道念山三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

道念山三郎の関連キーワード立花家橘之助音曲師常行秋田彦四郎大岡孚斎太兵衛道念仁兵衛茂呂鼇岳弄斎音曲師匠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone