コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道念節 ドウネンブシ

世界大百科事典 第2版の解説

どうねんぶし【道念節】

江戸時代の盆踊歌の一種。貞享から享保(1684‐1736)のころに流行した踊口説(くどき)で,京都で木遣りの音頭をとっていた,道念山三郎が歌いだしたことから名付けられた。祇園の盆踊唄として〈都踊口説〉〈都音頭〉ともいわれた。宝永・正徳(1704‐16)のころ,後継者と思われる道念仁兵衛があらわれて最も盛んになり,〈今道念節〉と呼ばれた。歌形は多く七五調である。西鶴の《好色五人女》に道念仁兵衛の名が見えるが,山三郎が改名したのか,後継者の仁兵衛かは不明。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうねんぶし【道念節】

江戸時代、貞享(1684~1688)の頃から京都で流行した盆踊り唄の曲節。道念山三郎が唄い始めたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道念節の関連キーワード江戸時代盆踊り唄曲節

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android