コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道晃法親王 どうこうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道晃法親王 どうこうほうしんのう

1612-1679 江戸時代前期,後陽成天皇の皇子。
慶長17年3月8日(一説に10月12日)生まれ。母は三位局(さんみのつぼね)。天台宗。聖護院(しょうごいん)にはいり,道勝法親王にまなぶ。寛永3年親王となる。園城寺(おんじょうじ)長吏,三山検校(けんぎょう)をつとめ,のち京都白川の照高院(しょうこういん)にうつる。茶道,書画,和歌をよくした。遍照寺宮と称された。延宝7年6月18日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

道晃法親王 (どうこうほうしんのう)

生年月日:1612年3月8日
江戸時代前期の僧
1679年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

道晃法親王の関連キーワード後陽成天皇飛鳥井雅章生年月日日証尼

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android