コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道路交通情報通信システム どうろこうつうじょうほうつうしんシステム Vehicle Information and Communication System

2件 の用語解説(道路交通情報通信システムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道路交通情報通信システム
どうろこうつうじょうほうつうしんシステム
Vehicle Information and Communication System

事故,渋滞,交通規制,駐車場の混雑状況など道路交通情報を車載機に送信し,文字・画像で表示するシステム。略称 VICS都道府県の警察,道路管理者から日本道路交通情報センターに集められた道路情報は,道路交通情報通信システムセンターで編集処理され,全国に設置された VICS-FM放送局,高速道路に設置された電波ビーコン(標識),主要幹線道路に設置された光ビーコンの三つのメディアを利用して,365日 24時間,カー・ナビゲーション・システムなどの車載機に送信される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道路交通情報通信システム
どうろこうつうじょうほうつうしんしすてむ
Vehicle Information and Communication System

略称VICS(ビックス)。財団法人道路交通情報通信システムセンターが1996年(平成8)4月から首都圏の高速・一般道路と東名・名神高速道路で始めた新交通情報サービス。日本道路交通情報センターなどが収集した渋滞、事故、交通規制などの情報を走行中の自動車に提供する。道路脇に設置した電波ビーコン(高速道路情報)、光ビーコン(狭域情報)、FM多重放送(広域情報)の三つのメディアをつうじてリアルタイムに伝える。受け取る側には、文字情報のレベル1、簡易図形表示のレベル2、地図表示のレベル3三つのレベルの表示がある。3メディア、3レベルに対応したカーナビゲーションシステムが発売されている。2000年現在、全国の高速道路のほか、東京圏、関西圏、愛知地区、長野県、福岡県、広島県、宮城県、北海道札幌地区、静岡県、群馬県、岡山県などの一般道路へサービスエリアが拡大されており、引き続き計画が進められている。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道路交通情報通信システムの関連キーワード交通渋滞交通地獄交通規制駐車場整備地区VICSパークの日渋滞ナビ改正道路交通法路外駐車場日本駐車場開発

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道路交通情報通信システムの関連情報