コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道隠 どうおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道隠 どうおん

1741-1813 江戸時代中期-後期の僧。
寛保(かんぽう)元年生まれ。浄土真宗本願寺派。僧樸(そうぼく),僧鎔(そうよう)にまなぶ。宗義をめぐる論争(三業惑乱(さんごうわくらん))の際,文化元年江戸で智洞を論破。河内(かわち)(大阪府)西念寺から,晩年豊前(ぶぜん)長久寺(大分県)にうつった。文化10年6月4日死去。73歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。法名諦忍(たいにん)。号は薩州。著作に「教行信証略讃」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道隠の関連キーワードモンサンミッシェル月渓中珊中巌円月霊山道隠院号拙巌金堡寛保

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android