コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠つ神 トオツカミ

デジタル大辞泉の解説

とお‐つ‐かみ〔とほ‐〕【遠つ神】

[名]遠い昔、神であったころの先祖。
「天降り来ましし伊支等(いきら)が―」〈出雲国風土記
[枕]「大君(おほきみ)」にかかる。
「―我が大君の」〈・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とおつかみ【遠つ神】

( 名 )
神々の時代の先祖。先祖。 「伊支等が-/出雲風土記」
( 枕詞 )
天皇を称賛して「わが大君」にかかる。過去の天皇を表す普通名詞と解する説もある。 「 -我が大君の幸行処いでましところ/万葉集 295

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遠つ神の関連キーワード普通名詞海ゆかば注連・標奥つ城注連大君著し