遠つ(読み)トオツ

デジタル大辞泉の解説

とお‐つ〔とほ‐〕【遠つ】

[連語]《「つ」は「の」の意の格助詞》遠くの。遠くにある。
「霰(あられ)降り―大浦に寄する波よしも寄すとも憎くあらなくに」〈・二七二九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とおつ【遠つ】

( 連語 )
〔形容詞「とほし」の語幹に格助詞「つ」が付いたもの〕
名詞に付いて、遠くはなれた所にある、遠い昔の、などの意を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とお‐つ とほ‥【遠つ】

〘連体〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞) 名詞の上に付いて、そのものが距離的に遠いこと、時間的に古いことを表わす。特に、地名などに冠せられる時は、その場所が「近つ…」と呼ばれる場所にくらべて、都からの距離が遠いことを示す。
※壬二集(1237‐45)「もろこしも千賀のうらわの夜の夢思はぬなかにとほつふな人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android