コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠妻 トオヅマ

デジタル大辞泉の解説

とお‐づま〔とほ‐〕【遠妻】

遠く離れている妻。会うことのまれな妻。また七夕の織女星
「天の川川風すずし―のいつかと待ちし秋や来ぬらん」〈夫木・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とおづま【遠妻】

遠くに離れている妻。なかなか会えない妻。また、特に織女星をいう。 「ぬばたまの夜霧隠れる-の手を/万葉集 2035

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遠妻の関連キーワードぬばたま月立つ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android