コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山利景 とおやま としかげ

1件 の用語解説(遠山利景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山利景 とおやま-としかげ

1541-1614 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)10年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)明知城主。天正(てんしょう)2年武田勝頼(かつより)軍に城をうばわれるが翌年奪回。のち徳川家康にしたがい駿河(するが)(静岡県)にうつる。関ケ原の戦いでは西軍のこもる明知城を攻略,慶長8年旧領6500石余をあたえられ,旗本となる。慶長19年5月20日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の遠山利景の言及

【遠山氏】より

…維新後子爵。遠山利景も関ヶ原の功として1603年,武田氏に奪われた明知城6500余石を与えられ,次の方景のときに同城を廃して陣屋を置き,代官村上氏を派して民政にあたらせ,旗本として維新に至る。なお武蔵,相模,甲斐,三河などにも室町時代に遠山姓の武士がみられるが,上述の遠山氏との関係は不明。…

※「遠山利景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遠山利景の関連キーワード飯田助左衛門織田信益坂浄慶順専城意庵正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone