コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠星点 えんせいてん

3件 の用語解説(遠星点の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

遠星点【えんせいてん】

連星が楕円軌道で公転しているとき,焦点に位置する主星から伴星がもっとも遠ざかった位置。二つの星が共通重心のまわりを回る速さがもっとも遅くなる。→近星点

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんせいてん【遠星点 apastron】

連星が楕円軌道で公転しているとき,軌道上で焦点に位置する主星から伴星がもっとも遠ざかった点を遠星点といい,もっとも近づいた近星点の反対側にくる。遠星点は惑星運動の遠日点,地球のまわりを回る人工衛星遠地点に対応する。ケプラーの法則により,遠星点では両星が共通重心のまわりを回る速さはもっとも遅くなり,近星点ではもっとも速くなる。近星点【北村 正利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠星点
えんせいてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠星点の関連キーワード近日点食変光星静止軌道摂動ネレイド軌道車回帰軌道軌道長半径準同期軌道同期軌道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone