コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠星点 えんせいてん

百科事典マイペディアの解説

遠星点【えんせいてん】

連星が楕円軌道で公転しているとき,焦点に位置する主星から伴星がもっとも遠ざかった位置。二つの星が共通重心のまわりを回る速さがもっとも遅くなる。→近星点

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんせいてん【遠星点 apastron】

連星が楕円軌道で公転しているとき,軌道上で焦点に位置する主星から伴星がもっとも遠ざかった点を遠星点といい,もっとも近づいた近星点の反対側にくる。遠星点は惑星運動の遠日点,地球のまわりを回る人工衛星の遠地点に対応する。ケプラーの法則により,遠星点では両星が共通重心のまわりを回る速さはもっとも遅くなり,近星点ではもっとも速くなる。近星点【北村 正利】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠星点
えんせいてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android