コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近星点 きんせいてんperiastron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近星点
きんせいてん
periastron

連星において両星間の距離が最小になった点。太陽系惑星の近日点と同じ意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

近星点【きんせいてん】

連星が楕円軌道で公転しているとき,その軌道上で主星伴星がもっとも近づく位置。二つの星が共通重心のまわりを回る速さがもっとも速くなる。近星点は連星軌道を決定する重要な要素の一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいてん【近星点 periastron】

二つの恒星が万有引力で結合し共通重心のまわりを楕円軌道を描いて公転しているとき,その軌道上で両天体がもっとも近づく点を近星点という。太陽のまわりを回る惑星の場合は近日点,地球のまわりを回る人工衛星の場合は近地点という。連星の主星を焦点とする伴星軌道を考え,伴星が近星点を通過する時刻を近星点通過といい,連星軌道を決定する重要な要素の一つである。連星が近接連星のとき,この近星点の位置がゆっくり変わっていく近星点移動という現象が起こることがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近星点
きんせいてん

二つの恒星が引力を及ぼし合って互いに公転している、いわゆる連星系では、伴星(暗いほうの星)が主星(明るいほうの星)の周りを、普通、楕円(だえん)軌道を描いて回っているが、その際、伴星がもっとも主星に近づく点が近星点である。これに対し、もっとも遠ざかる点を遠星点という。また惑星の周りを公転している衛星が惑星にもっとも近づく点も近星点ということが多い(遠ざかる点は遠星点)。いずれの場合にも、われわれは、それらの軌道を斜めに見ていることが多いため、見かけの近星点は実際に軌道上において両者がもっとも近づく真の近星点と外れているのが普通である。[村山定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

近星点の関連キーワード遠星点スピカ近点

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android