コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近星点 きんせいてん periastron

4件 の用語解説(近星点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近星点
きんせいてん
periastron

連星において両星間の距離が最小になった点。太陽系惑星の近日点と同じ意味をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

近星点【きんせいてん】

連星が楕円軌道で公転しているとき,その軌道上で主星と伴星がもっとも近づく位置。二つの星が共通重心のまわりを回る速さがもっとも速くなる。近星点は連星軌道を決定する重要な要素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいてん【近星点 periastron】

二つの恒星が万有引力で結合し共通重心のまわりを楕円軌道を描いて公転しているとき,その軌道上で両天体がもっとも近づく点を近星点という。太陽のまわりを回る惑星の場合は近日点,地球のまわりを回る人工衛星の場合は近地点という。連星の主星を焦点とする伴星軌道を考え,伴星が近星点を通過する時刻を近星点通過といい,連星軌道を決定する重要な要素の一つである。連星が近接連星のとき,この近星点の位置がゆっくり変わっていく近星点移動という現象が起こることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近星点
きんせいてん

二つの恒星が引力を及ぼし合って互いに公転している、いわゆる連星系では、伴星(暗いほうの星)が主星(明るいほうの星)の周りを、普通、楕円(だえん)軌道を描いて回っているが、その際、伴星がもっとも主星に近づく点が近星点である。これに対し、もっとも遠ざかる点を遠星点という。また惑星の周りを公転している衛星が惑星にもっとも近づく点も近星点ということが多い(遠ざかる点は遠星点)。いずれの場合にも、われわれは、それらの軌道を斜めに見ていることが多いため、見かけの近星点は実際に軌道上において両者がもっとも近づく真の近星点と外れているのが普通である。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近星点の関連キーワード疎水結合万有引力万有引力定数万有引力の法則連星近接連星万有引力の殺意アインシュタインの重力定数ニュートンの重力定数ニュートンの万有引力の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone