コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤粘土 あかねんど red clay

4件 の用語解説(赤粘土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤粘土
あかねんど
red clay

赤色粘土ともいわれる遠洋性粘土。赤色またはチョコレート色を帯びた海底粘土で,全海洋面積の 35%以上の広い分布を示す。遠洋性堆積物プランクトンの死骸を主とする軟泥と赤粘土を主とするが,赤粘土には生物から由来した炭酸カルシウムはほとんど含まれていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤粘土【あかねんど】

遠洋性深海堆積物のうち,最も広く分布し,最も代表的なもの。水深が約4500mより深い深海底に分布。チョコレート色。まれに淡褐色または赤色。水を含んでいるときは弾力性がある。
→関連項目底質軟泥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

赤粘土

せきねんど

赤粘土

赤色または褐色の極端に外洋性の堆積物で,非常に深く,陸地からかなり離れた海に濃集しているもの.粘土成分は青色泥およびグロビゲリナ軟泥(globigerina ooze)と同じで,おそらく陸地起源のものである.火山砕屑物が普通でゼオライト結晶となっている.マンガン,酸化鉄,隕石物質などの硬い塊が含まれる.炭酸塩類は0~30%の範囲で含まれている[Murray & Renard : 1891, Pettijohn : 1949].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤粘土の言及

【褐色粘土】より

…それは全海洋面積の28%を占め,水深4500~7000mの大洋底に分布し,それより浅くなると石灰質軟泥に漸移する。その色は赤色がかった褐色ないしチョコレート色を帯びた褐色で,赤粘土red clayと呼ばれたが,最近は褐色粘土brown clayが正式に使用されている。その色は鉄とマンガンの水酸化物によるもので,酸化環境の海底で生じたためである。…

※「赤粘土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤粘土の関連キーワード遠洋性堆積物火山礫陸成層深海成層湿原性堆積物リソカルシシルタイト骸泥オニチャイト礫燐酸塩亜洋性堆積物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤粘土の関連情報