コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠隔作業機 えんかくさぎょうき remotely operated vehicle; ROV

1件 の用語解説(遠隔作業機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠隔作業機
えんかくさぎょうき
remotely operated vehicle; ROV

支援母船からの遠隔操作に基づき,母船が近づけない狭い空間や危険な場所で探査活動をする小型無人潜水機。最初の ROVは機雷掃海用の軍需用として開発された。民需用は,沖合石油・ガス開発用の掘削支援やプラットフォームの点検・修理,有人潜水艇の救難,鉱物資源などの海底科学調査に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠隔作業機の関連キーワード遠隔操作捕鯨母船よこすか制御盤独航船母船母船式漁業かいれいリモートロックカニ工船(蟹工船)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone