コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適時開示体制 てきじかいじたいせい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

適時開示体制

企業が、自社の情報を投資家に対して、適時開示できるような体制。上場企業に対し、適時開示体制の確立と、それによる適時の情報公開を誓約させる「宣誓書制度」が2005年に決められてから登場した言葉。宣誓書制度が設けられてからも、企業の情報開示にはばらつきが見られた。そのため、東京証券取引所研究会(宣誓書及び上場会社の適時開示体制に関する研究会)を発足させ、同研究会の報告結果をもとに、適時開示体制の確立を企業にもとめている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

適時開示体制の関連キーワードグリーンシート

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android