コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣誓書制度

1件 の用語解説(宣誓書制度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

宣誓書制度

上場企業に対し、宣誓書、およびその添付書類の提出を義務付ける東京証券取引所の制度。2004年に起こった、コクドやカネボウなどの大企業の不祥事を受けて、05年に創設された制度である。ここでいう「宣誓書」とは、上場企業の代表が、投資者に対して、会社情報の適切な公開と、公開に関わる社内体制の状況の充実を宣誓した書類である。また、添付書類は、会社情報の適時開示を実現するための社内体制の状況を記載した書面である。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone