コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遷音速流 せんおんそくりゅう transonic flow

3件 の用語解説(遷音速流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遷音速流
せんおんそくりゅう
transonic flow

高速気流のうち,流れの中に亜音速流 (マッハ数 M<1) の領域と超音速流 (M>1) の領域がともに存在する流れをいう。たとえば,亜音速で飛ぶ飛行機の翼の一部に超音速の領域が現れることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せん‐おんそくりゅう〔‐オンソクリウ〕【遷音速流】

流体の速度が音速に近く、音速以上の領域と音速以下の領域が共存するような流れ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんおんそくりゅう【遷音速流】

物体の周りの気流の速さが音速に近い流れ。ある部分では音速を超え、ある部分では音速以下。 → 亜音速流超音速流

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遷音速流の言及

【高速気流】より

… このように物体のまわりの気体の流れは主流のマッハ数によって大きく変化するので,これを基準に流れを分類することが行われる。一般に主流のマッハ数0.8以下を亜音速流,0.8~1.2を遷音速流,1.2以上を超音速流といい,とくに5以上を極超音速流という。なお,遷音速流は物理的には亜音速流と超音速流の共存する流れと定義される。…

※「遷音速流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遷音速流の関連キーワード異方性重さグラスホフ数視角側圧ヴェーバー数エッカート数ストルーハル数ニュートンの冷却の法則補助投影図