コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子組(み)換え作物 イデンシクミカエサクモツ

デジタル大辞泉の解説

いでんしくみかえ‐さくもつ〔ヰデンシくみかへ‐〕【遺伝子組(み)換え作物】

農作物に他の生物(主に微生物)の遺伝子を組み込み、本来の作物にはない除草剤耐性、病害虫抵抗性などの特性を持たせた人工の作物。日本では大豆、菜種、トウモロコシなどの輸入が認められ、食品に使用する際には表示が義務づけられている。GM作物。GMO(Genetically modified organism)。GEO(Genetically engineered organism)。
[補説]健康に及ぼす影響が解明されていないとして反対の動きがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺伝子組換え作物
いでんしくみかえさくもつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遺伝子組(み)換え作物の関連キーワード環大西洋貿易投資パートナーシップ国際フェアトレードラベル機構アミノ酸生合成阻害型除草剤バイオ産業遺伝と環境ペクチン

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android