コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子組(み)換え作物 イデンシクミカエサクモツ

2件 の用語解説(遺伝子組(み)換え作物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いでんしくみかえ‐さくもつ〔ヰデンシくみかへ‐〕【遺伝子組(み)換え作物】

農作物に他の生物(主に微生物)の遺伝子を組み込み、本来の作物にはない除草剤耐性、病害虫抵抗性などの特性を持たせた人工の作物。日本では大豆、菜種、トウモロコシなどの輸入が認められ、食品に使用する際には表示が義務づけられている。GM作物GMO(Genetically modified organism)。GEO(Genetically engineered organism)。
[補説]健康に及ぼす影響が解明されていないとして反対の動きがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝子組(み)換え作物の関連キーワード遺伝子工学遺伝子組換え食品遺伝子組換え微生物学アルゲニー遺伝子汚染遺伝子資源遺伝子組換え生物微生物毒核外遺伝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone