遺伝子組(み)換え作物(読み)イデンシクミカエサクモツ

デジタル大辞泉の解説

いでんしくみかえ‐さくもつ〔ヰデンシくみかへ‐〕【遺伝子組(み)換え作物】

農作物に他の生物(主に微生物)の遺伝子を組み込み、本来の作物にはない除草剤耐性、病害虫抵抗性などの特性を持たせた人工の作物。日本では大豆、菜種、トウモロコシなどの輸入が認められ、食品に使用する際には表示が義務づけられている。GM作物。GMO(Genetically modified organism)。GEO(Genetically engineered organism)。
[補説]健康に及ぼす影響が解明されていないとして反対の動きがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android