コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝性小脳性運動失調症 いでんせいしょうのうせいうんどうしっちょうしょうhereditary cerebellar ataxia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝性小脳性運動失調症
いでんせいしょうのうせいうんどうしっちょうしょう
hereditary cerebellar ataxia

遺伝性小脳硬化症,あるいはこの病気を初めて報告したフランスの精神科医 P.マリの名をとってマリ病,マリ失調症ともいう。一群の脊髄小脳変性症 (運動失調を主症状とする) の中で明らかな遺伝性を示す疾病の一つで,小脳失調といわれる症状,すなわち歩行時や起立時の平衡障害や変換運動 (腕をまわしたり手を開閉したりする運動) の不能などがみられる。優性遺伝をするが初発は 20~40歳とやや遅く,これらの症状が徐々に発現する。また視神経萎縮を伴い,眼筋麻痺や視力障害,精神異常を伴うこともある。同種の疾患にフリードライヒ失調症 (遺伝性脊髄性運動失調症 ) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遺伝性小脳性運動失調症の関連キーワードレフサム症候群

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android