コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝性小脳性運動失調症 いでんせいしょうのうせいうんどうしっちょうしょう hereditary cerebellar ataxia

1件 の用語解説(遺伝性小脳性運動失調症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝性小脳性運動失調症
いでんせいしょうのうせいうんどうしっちょうしょう
hereditary cerebellar ataxia

遺伝性小脳硬化症,あるいはこの病気を初めて報告したフランス精神科医 P.マリの名をとってマリ病,マリ失調症ともいう。一群の脊髄小脳変性症 (運動失調を主症状とする) の中で明らかな遺伝性を示す疾病の一つで,小脳失調といわれる症状,すなわち歩行時や起立時の平衡障害や変換運動 (腕をまわしたり手を開閉したりする運動) の不能などがみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺伝性小脳性運動失調症の関連キーワード遺伝病脳動脈硬化症遺伝性テイサックス病遺伝性癌被嚢性腹膜硬化症骨硬化多発性神経炎性遺伝性小脳性運動失調症レフサム症候群小脳性運動失調 (cerebellar ataxia)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone