コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還相回向 げんそうえこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

還相回向
げんそうえこう

浄土教の用語。念仏して極楽に往生した者が,再びこの世にかえってきて衆生を教え導いて,ともに仏道を実践すること。また極楽からこの世にかえって衆生を導く能力を,阿弥陀仏が往生者に与えることをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんそう‐えこう〔ゲンサウヱカウ〕【還相回向】

仏語。極楽浄土に往生した人が、再びこの世に生まれかえって、人々を教化(きょうけ)して救うこと。⇔往相回向(おうそうえこう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

還相回向【げんそうえこう】

回向

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

げんそうえこう【還相回向】

〘仏〙 浄土門の二種回向の一。極楽浄土に往生した人が、再びこの世に帰って来て、生きとし生けるものを教化し救済すること。 ↔ 往相回向

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

還相回向の関連情報