還相回向(読み)げんそうえこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

還相回向
げんそうえこう

浄土教の用語。念仏して極楽に往生した者が,再びこの世にかえってきて衆生を教え導いて,ともに仏道を実践すること。また極楽からこの世にかえって衆生を導く能力を,阿弥陀仏が往生者に与えることをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

げんそうえこう【還相回向】

〘仏〙 浄土門の二種回向の一。極楽浄土に往生した人が、再びこの世に帰って来て、生きとし生けるものを教化し救済すること。 ⇔ 往相回向

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android