コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往相回向 おうそうえこう

4件 の用語解説(往相回向の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往相回向
おうそうえこう

還相回向 (げんそうえこう) に対する言葉。中国の曇鸞著『往生論註』のなかに,自分の行じた善行功徳をもって他の人に及ぼし,自分と他人と一緒に弥陀の浄土に往生できるようにと願うことが往相回向であるとし,還相回向とは,浄土に往生したものが衆生を救うためにこの世に戻ってきて教化活動をなすことであると説明している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうそう‐えこう〔ワウサウヱカウ〕【往相回向】

みずから積んだ功徳をすべての人にも施して、ともに浄土に往生しようと願うこと。真宗では、そのような往生の手だては阿弥陀仏の本願の力によるとする。⇔還相回向(げんそうえこう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

往相回向【おうそうえこう】

回向

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おうそうえこう【往相回向】

浄土門の二種回向の一。自分が修めた功徳を他の衆生しゆじように施してともに浄土に往生しようと願うこと。浄土真宗では、阿弥陀仏が衆生を浄土へ往生させるために、絶対の慈悲の力をさしめぐらすことをいう。 ↔ 還相回向

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

往相回向の関連キーワード聖道門浄土門上げ土門・上土門聖浄土門蓮門上土門横超土門関《ヒロシマ》(土門拳)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone