コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往相回向 おうそうえこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往相回向
おうそうえこう

還相回向 (げんそうえこう) に対する言葉。中国の曇鸞著『往生論註』のなかに,自分の行じた善行功徳をもって他の人に及ぼし,自分と他人と一緒に弥陀の浄土に往生できるようにと願うことが往相回向であるとし,還相回向とは,浄土に往生したものが衆生を救うためにこの世に戻ってきて教化活動をなすことであると説明している。親鸞は,往相,還相ともに阿弥陀仏によって回向された他力によるものであるとして,自分の力をたのんで善行功徳を行じる自力を排し,新説を立てた。浄土真宗の重要な教義である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうそう‐えこう〔ワウサウヱカウ〕【往相回向】

みずから積んだ功徳をすべての人にも施して、ともに浄土に往生しようと願うこと。真宗では、そのような往生の手だては阿弥陀仏の本願の力によるとする。⇔還相回向(げんそうえこう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

往相回向【おうそうえこう】

回向

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうそうえこう【往相回向】

浄土門の二種回向の一。自分が修めた功徳を他の衆生しゆじように施してともに浄土に往生しようと願うこと。浄土真宗では、阿弥陀仏が衆生を浄土へ往生させるために、絶対の慈悲の力をさしめぐらすことをいう。 ↔ 還相回向

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android