コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邨田丹陵 むらた たんりょう

美術人名辞典の解説

邨田丹陵

日本画家。東京生。父は田安藩士で故実家の村田直景。本名は竧、名は靖、字を申申、別号は雪営霜舎主人・泰山桜主。はじめ吉沢素山に南北合派を学び、のち川辺御楯に師事し、土佐派を修める。日本青年絵画協会(のちの日本絵画協会)を結成し、審査員として活躍。また日本美術院の創立に特別賛助員となる。歴史・人物画を得意とした。昭和15年(1940)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邨田丹陵 むらた-たんりょう

1872-1940 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治5年7月20日生まれ。父は田安家の臣で有職(ゆうそく)家の村田直景。川辺御楯(みたて)に土佐派をまなぶ。明治24年日本青年絵画協会創立にくわわり,以後同協会展やパリ万国博,日本美術協会展などで受賞をかさねた。作品に「大政奉還図」(明治神宮絵画館)など。昭和15年1月27日死去。69歳。東京出身。本名は竧(ただし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

邨田丹陵の関連キーワード伊東 紅雲長野 草風寺崎広業長野草風小圃千浦伊東紅雲

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android