コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田安家 たやすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田安家
たやすけ

徳川御三卿の一つ。江戸幕府8代将軍徳川吉宗の次男宗武が御三家に次ぐ家柄で,清水,一橋両家とともに御三卿といわれた。屋敷は江戸城田安門内におかれ,賄料 10万石が与えられた。明治になって伯爵。 (→一橋家 , 清水家 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

田安家【たやすけ】

徳川三卿の一。8代将軍徳川吉宗の次男宗武(むねたけ)を祖とする。1729年元服した宗武は徳川の家号を許され,翌年江戸城田安門内に屋敷を与えられた。田安徳川の名称の由来となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たやすけ【田安家】

三卿の一つ。8代将軍徳川吉宗の次男宗武を祖とし,1731年(享保16)江戸城田安御門内に屋敷を与えられたところから田安家と称した。弟の宗尹(むねただ)(吉宗四男)を祖とする一橋家,9代将軍家重の次男重好を祖とする清水家とともに三卿と称した。高10万石。宗武の子孫には久松,一橋,越前,尾張家など徳川一門を継いだ者が多く,徳川宗家16代の家達(いえさと)も田安家の出身で,田安家は将軍家,徳川一門の血統保持の役目を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田安家
たやすけ

御三卿(ごさんきょう)の一つ。8代将軍徳川吉宗(よしむね)二男宗武(むねたけ)を祖とする。宗武は国学者、歌人として知られるが、1729年(享保14)徳川を姓とし、翌年江戸城田安門内に屋敷を与えられ、これを田安屋形(やかた)と称したため田安家とよばれる。1746年(延享3)には10万石の領地を与えられ、将軍の家族の一員として待遇された。以後一時中絶期間はあるが、治察(はるあき)、斉匡(なりまさ)、斉荘(なりたか)、慶頼(よしより)、寿千代、亀之助(かめのすけ)と7代続いた。明治維新のとき亀之助(のち家達(いえさと))は旧将軍家を相続し、慶頼がふたたび家督を継いで、藩屏(はんぺい)に列した。[上野秀治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田安家の言及

【三卿】より

…徳川氏の直系一門のうち,田安,一橋,清水の3家を指す。田安家は8代将軍吉宗の次男宗武,一橋家は同四男宗尹(むねただ),清水家は9代将軍家重の次男重好を祖とし,それぞれ10万石を支給された。この3家の官は諸省の卿に任じられることを例としたところから,三卿と称した。…

※「田安家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田安家の関連キーワード本松斎一鯨(3代)神崎孫右衛門徳川 達孝田安寿千代磯部最信荒井千春西尾良伯大関剣峰大塚孝綽川井久敬大塚稼圃高井実徳徳川斉荘溝口勝如松本秀持古瀬勝雄児玉空々網野延平石谷清昌小倉明原

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android