邪定聚(読み)じゃじょうじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邪定聚
じゃじょうじゅ

仏教用語。一般の人々を3種類に分類した三定聚 (さんじょうじゅ) の一つ。仏教の流派によって解釈に種々の説があり,たとえば,実母を殺害するなどの五逆の重罪を犯し,無間地獄 (→阿鼻地獄 ) に落ちるのが決定的である人々をいったりする。浄土教,特に浄土真宗では,阿弥陀仏の第 19番目の願にのっとって,念仏以外の修行,すなわち,いろいろな善根を修め,真心をこめて往生しようと励む人々のことで,彼らは真実の浄土に往生ができないとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android