コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部分判決制度 ブブンハンケツセイド

デジタル大辞泉の解説

ぶぶんはんけつ‐せいど【部分判決制度】

裁判員制度による裁判方式の一。複数の事件で起訴された容疑者の裁判を事件によって分離し、審理順に裁判員を選任、有罪か無罪かを判断する。裁判官は全審理を担当し、最終審理の裁判員は裁判官とともに量刑決定に当たる。平成19年(2007)5月に裁判員法が改正されて導入が決まった。
[補説]裁判員の任期を短くするための措置。複雑に入り組んだ事件には適用されない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

部分判決制度の関連キーワード部分判決の仕組み刑事訴訟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android