コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判員法 サイバンインホウ

デジタル大辞泉の解説

さいばんいん‐ほう〔サイバンヰンハフ〕【裁判員法】

《「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」の通称》一定の重大な刑事事件の裁判に国民が参加して裁判官とともに審理評議を行う裁判員制度について定めた法律。国民に身近で利用しやすい司法制度を実現するために平成11年(1999)から始まった司法制度改革の一つとして、平成16年(2004)に成立し、平成21年(2009)に施行された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁判員法
さいばんいんほう

裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

裁判員法の関連キーワード思想信条を理由にした裁判員の辞退日本の裁判員制度と報道との関係遠距離候補者への対応裁判員への威迫・請託裁判員の守秘義務裁判員の辞退理由自由心証主義部分判決制度補充裁判員裁判員制竹崎博允参審制陪審制

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裁判員法の関連情報