コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判員 サイバンイン

デジタル大辞泉の解説

さいばん‐いん〔‐ヰン〕【裁判員】

裁判員制度において、国民から選出され刑事裁判に参加する人。
[補説]衆議院選挙の選挙人名簿を使用して無作為に選ばれた候補者の中から、裁判所の選任手続きを経て選任される。原則として辞退できないが、70歳以上の高齢者や学生のほか、重い病気やけが、育児・介護など家庭の事情、妊娠や出産への立ち会い、事業に著しい損害を生じるおそれがある、など一定のやむを得ない理由がある場合は辞退できる。裁判員は最大で6名が選ばれ、法廷では裁判官の左右に3名ずつ座り、被告証人に直接質問することもできる。審理後、別室で裁判官とともに評議し、有罪・無罪、および量刑を判断する。意見が分かれた場合は多数決で決めるが、被告人に不利益な判断をする場合は、裁判官1名以上の賛成が必要となる。守秘義務があり、他の裁判員の氏名や評議の内容などを明かすことは禁じられている。違反すると6か月以下の懲役または50万円以下の罰金を科せられる。
弾劾裁判所で裁判を行う国会議員。衆参両院で、それぞれ議員の中から選挙により7名ずつ合計14名が選任される。裁判長は裁判員の互選により選任される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判員

選挙人名簿からくじで選ばれた県民6人が裁判員となり、裁判官3人とともに刑事裁判をする。裁判は3~5日間、連続して開かれる。裁判員には最大で1万円の日当交通費が支給される。候補者のうち、70歳以上の高齢者や学生、重い病気の人、親族の介護がある人などは辞退できる。長期出張など仕事に著しく差し支える場合も辞退が認められる。

(2009-12-05 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

裁判員の関連キーワード裁判員の参加する刑事裁判に関する法律サマヨイザクラ―裁判員制度の光と闇裁判員経験者へのアンケート遠距離候補者への対応裁判員への威迫・請託性犯罪と裁判員裁判裁判員の選任手続き裁判員裁判対象事件音声認識システム部分判決の仕組み量刑検索システム裁判員の守秘義務裁判員法101条公判前整理手続き裁判員の心のケア公判前整理手続理由なき不選任部分判決制度自由心証主義裁判員選任率

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裁判員の関連情報