コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部門別原価計算 ぶもんべつげんかけいさんdepartmental cost accounting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

部門別原価計算
ぶもんべつげんかけいさん
departmental cost accounting

場所別原価計算ともいわれる。費目別原価計算で把握された原価要素を原価部門別に分類,集計する手続で,原価計算における第2次の計算段階である。その目的は,(1) 合理的な製品原価の計算,(2) 原価管理である。 (1) の製品原価の計算のために製造直接費は原価計算表へ直課できるが,製造間接費は一定の配賦基準を用いて配賦しなければならない。この場合工場全体の間接費を1つの配賦基準で行うことはきわめて不合理なので,製造間接費を発生源泉に従って発生部門に集計し,そのあとで部門を通過する製品に対して,そこでの作業内容に応じた部門費を配賦することが望ましいからである。 (2) の原価管理のためには原価をどこで,だれが,どれだけ発生させたかの把握が必要で,原価の場所別計算たる部門別原価計算は不可欠である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部門別原価計算の関連情報