コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便投票

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

郵便投票

両足や心蔵呼吸器などに重度障害がある人のほか、要介護5の人が対象。事前に郵便投票の証明書交付を受けた人が選管に投票用紙の請求書を送り、用紙を送付してもらう。交付と回収にかかる郵便代は公費で負担される。

(2010-07-09 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

郵便投票

身体に重度の障害がある人、要介護度の高い人などを対象に認められている郵便による不在者投票の制度のこと。投票用紙をあらかじめ請求し、候補者名を書いて郵送で投票する。公職選挙法では体が不自由な人にも投票の機会を保障するためにこの制度を採用している。2016年10月、総務省は選挙制度や福祉・医療に詳しい有識者らからなる検討会を設置して、郵便投票が可能な障害や要介護度の度合いの緩和を検討し、対象の拡大に向けた議論を始めることとなった。

(2016-11-1)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

郵便投票の関連キーワード社会民主党(イギリス)在外投票投票制度両足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郵便投票の関連情報