都市のイメージ(読み)としのイメージ(英語表記)The Image of the City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市のイメージ
としのイメージ
The Image of the City

アメリカ合衆国の建築家・都市計画学者ケビン・リンチが 1960年に出版した著書。都市の視覚的形態(→イメージマップ)を分析し,都市デザインに「イメージアビリティ(都市のイメージのわかりやすさ)」という独特な概念を提示した。都市の環境イメージはアイデンティティ(実体),ストラクチャー(構造),ミーニング(意味)の 3成分からなるとし,「ミーニング」以外の 2成分に焦点を合わせて分析した。住民が都市の環境にいだくイメージを,パス(街路),ランドマーク(目印),エッジ(縁),ノード(結節点),ディストリクト(地域)の五つの要素に分類し,その特徴と相互関係を分析,都市デザインにおいて「イメージアビリティ」を高めることが要諦だ,と結論づけた。都市デザインをイメージ論でとらえようとした試みは,都市計画・研究にとって画期的だった。(→環境デザイン

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市のイメージの関連情報