都市化率(読み)としかりつ

知恵蔵の解説

都市部に住む人口割合。1920年の都市化率は18%であったが、40年には38%まで上昇した。第2次世界大戦の影響により45年には28%まで減少したが、53年の町村合併法が施行された後の55年には56%となり、61年の新市町村建設促進法制定後の65年には68%と急速に拡大。その後は市となる人口要件が5万人から4万人へと引き下げられたことを反映し、都市化率は70年には72%、2000年には79%となり、70年以降の都市化率の増加ペースは沈静化した。しかし、2005年には平成の大合併の影響により、都市化率は86%になった。市部地域の合併や新市の創設により、都市地域と見なすには必ずしも適切でない地域が含まれるため、1960年以降人口集中地区の設定が行われた。総人口に占める人口集中地区の割合は60年には44%であったが、70年には54%、2005年には66%まで上昇した。

(小川直宏 日本大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android