コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市化率 としかりつ

1件 の用語解説(都市化率の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

都市化率

都市部に住む人口の割合。1920年の都市化率は18%であったが、40年には38%まで上昇した。第2次世界大戦の影響により45年には28%まで減少したが、53年の町村合併法が施行された後の55年には56%となり、61年の新市町村建設促進法制定後の65年には68%と急速に拡大。その後は市となる人口要件が5万人から4万人へと引き下げられたことを反映し、都市化率は70年には72%、2000年には79%となり、70年以降の都市化率の増加ペースは沈静化した。しかし、2005年には平成の大合併の影響により、都市化率は86%になった。市部地域の合併や新市の創設により、都市地域と見なすには必ずしも適切でない地域が含まれるため、1960年以降人口集中地区の設定が行われた。総人口に占める人口集中地区の割合は60年には44%であったが、70年には54%、2005年には66%まで上昇した。

(小川直宏 日本大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市化率の関連キーワード人口大都市都市伝説偏在識字率広西チワン族自治区都市と農山漁村の共生・対流タイの山岳民族ブラジルの都市問題ムンバイのスラム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都市化率の関連情報