都市林(読み)としりん

世界大百科事典 第2版の解説

としりん【都市林】

もともとドイツ語のStadtwaldの訳語として与えられたものであるが,原語は市有林を意味している。これらの樹林の多くは中世以来,王侯・貴族の所有林を市に移管したもので,市民や農民にとって生活上欠かせないものであった。燃料,家具用材料の供給の場であったし,ミズナラやブナの種実はブタの飼料として重要であったから,林内放牧も行われていた。19世紀以降,このような森林に対してレクリエーション利用が加わってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android