都志(読み)つし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都志
つし

兵庫県南部,洲本市北西部の旧町域。淡路島西岸播磨灘に臨む。 1924年町制施行。 1956年4村と合体して五色町となり,2006年洲本市と合体。沿岸漁業を主とした漁港があり,背後の丘陵地ではミカンを栽培。江戸時代後期に択捉島方面で活躍した高田屋嘉兵衛の出身地で碑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の都志の言及

【五色[町]】より

…人口1万0466(1995)。都志川,鳥飼川をはじめ多数の谷が丘陵を刻み,起伏の激しい地形をなす。主産業は農業で,米作のほか野菜,ミカンの栽培が盛ん。…

※「都志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都志の関連情報