洲本市(読み)すもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洲本〔市〕
すもと

兵庫県南部,淡路島の中央部にある市。東は大阪湾,西は播磨灘に面する。島の経済,行政,交通の中心地。 1940年市制。 1947年上灘村,1955年由良町,中川原村,安乎村を編入。 2006年五色町と合体。中心市街地は江戸時代に三熊山のふもとに城を構えた蜂須賀氏の家老稲田氏の城下町として発展。古くから貝ボタンの特産地。明治中期,洲本川下流部がつけ替えられ,その後,旧河川敷に紡績工場が立地し,港も近代化された。第2次世界大戦後は電機工場も進出。周辺の農村部では米作,畜産,タマネギの栽培が行なわれる。また由良港はじめ沿岸部ではノリ,ワカメなどの養殖漁業が営まれる。洲本城跡は国の史跡。色とりどりの小石からなる五色浜,三熊山,由良の成ヶ島,生石鼻海岸,先山瀬戸内海国立公園に属する景勝地。南部の立川はスイセンの名所。洲本温泉がある。国道 28号線 (四国街道) ,本州四国連絡道路の神戸淡路鳴戸自動車道などが通る。面積 182.38km2。人口 4万4258(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洲本市の関連情報