臨汾(読み)りんふん

百科事典マイペディアの解説

臨汾【りんふん】

中国,山西省南西部にある都市。旧名平陽。同蒲鉄路(大同〜孟【げん】)に沿い,汾河左岸に臨み,航運の中心。伝説によれば,(ぎょう)の帝都といわれ,城南には尭帝廟がある。古くからの山西文化の一中心。付近の農産物を集散し,また鉄鉱を産する。山西錦,紙,磁器,酒など伝統的な軽工業も盛ん。81万人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨汾
りんふん / リンフェン

中国、山西(さんせい)省南西部の地級市。1市轄区と洪洞(こうどう)、襄汾(じょうふん)など14県を管轄し、侯馬(こうば)、霍州(かくしゅう)の2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口429万(2014)。1978年臨汾地区の行政公署が置かれ、1983年臨汾県を併合し、2000年に臨汾地区が廃止されて臨汾地級市となった。市域は東西を山地に挟まれ、前面に汾河の下流平野が開けた要害の地で、河東とよばれた山西省南西部でもっとも重要な地の一つである。伝説にいう堯(ぎょう)の都平陽(へいよう)のあった所で、春秋戦国時代を通じて各国が領有を争い、秦(しん)が全国を統一する際にも戦略上の要地の一つであった。漢代に平陽県が置かれ、三国時代魏(ぎ)の平陽郡が置かれたが、隋(ずい)代に県は臨汾と改められ、郡も同じく臨汾郡と改められた。また平陽郡、晋州(しんしゅう)などとよばれ、明(みん)・清(しん)代には平陽府とされた。
 現在は山西省南部の最大の都市として商工業の中心である。また地下資源も豊富で、石炭の推定埋蔵量は約400億トンとされる。南北に同蒲(どうほ)線(大同(だいどう)―華山(かざん))が、東西には侯西線(侯馬―西安(せいあん))や侯月線(侯馬―月山)が通る。有名な観光地としては唐代の創建になる大雲寺(鉄仏寺)、堯廟(びょう)などがある。[秋山元秀・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の臨汾の言及

【山西[省]】より

…(1)晋中盆地 本省中部を縦貫する断層地溝帯で,北から南に向かって次の五つの河谷盆地が並ぶ。北東に流れる桑乾河(そうけんが)流域の大同,忻(きん)県盆地,南に貫流する汾河(ふんが)(汾水)流域の太原,臨汾(りんふん)盆地,その南の涑水河(そくすいが)流域の運城盆地がそれで,盆地底部は標高250~1000m。いずれも土壌が肥え灌漑は便利で,本省の主要な農業地帯であり,経済活動の中心である。…

※「臨汾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android