コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配する ハイスル

デジタル大辞泉の解説

はい・する【配する】

[動サ変][文]はい・す[サ変]
割り当てる。配置する。くばる。「要所に人を―・する」
取り合わせる。あしらう。「庭に置き石を―・する」
夫婦にする。めあわせる。
「猪之吉の娘を楠吉に―・することになった」〈鴎外・堺事件〉
流刑にする。流す。「遠島に―・せられる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいする【配する】

( 動サ変 ) [文] サ変 はい・す
人や物を、必要な位置に置く。配置する。 「要所要所に警官を-・する」 「庭に石や木を-・する」
物と物、人と人を適切に組み合わせる。
ある物とある物、またある色とある色とをほどよく組み合わせる。 「松に梅を-・する」
添わせる。めあわす。 「娘は細川繁に-・する積りである/富岡先生 独歩
流罪の刑として、人をある場所へやる。 「君を遠嶋へ-・し奉り/太平記 27

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

配するの関連キーワードノースレインボーエクスプレス阿弥陀割り・阿弥陀割疎ら垂木・疎ら棰年の星・歳の星本朝廿四孝安鎮曼荼羅五智の宝冠両界曼荼羅元亨利貞天の配剤美濃囲い蒼松寿古西曼荼羅乳文鏡五七桐差し色三重襷四配青帝海部

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

配するの関連情報