配流(読み)はいる

精選版 日本国語大辞典「配流」の解説

はい‐る【配流】

〙 (「る」は「流」の呉音) 流罪流刑に処すること。流すこと。しまながし。配謫(はいたく)。はいりゅう。
※続日本紀‐養老六年(722)正月壬戌「而依皇太子奏死一等、配流三宅麻呂於伊豆嶋、老於佐渡嶋
今昔(1120頃か)二七「伊豆の国に被配流(はいるせられ)て」

はい‐りゅう ‥リウ【配流】

※天正本節用集(1590)「配流 ハイリウ 流人義也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の配流の言及

【中国法】より

…宋初に及んでも同様で毎年死刑の判決を受ける者が数千人にも上った。さすがに政府はこれらをことごとく死に処するわけにいかず,犯人を都に送らせ,その多くは天子の特恩によって死一等を減じ,代りに遠方に配流してその地で苦役に服せしめることとした。最初は天子の特恩による格別の扱いであったが,この例が長く続くうちに固定した慣習となり,最初から配流という刑が宣告されるようになった。…

※「配流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android