コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配る/賦る クバル

デジタル大辞泉の解説

くば・る【配る/賦る】

[動ラ五(四)]
物を、適当な量に分けて、それぞれに行き渡るようにする。割り当てて渡す。「カードを―・る」「招待状を―・る」
方々に届けて回る。配達する。「新聞を―・る」
配慮や注意などを行き渡らせる。方々に行き届かせる。「心を―・る」「目を―・る」
必要に応じてそれぞれ適当な場所に分けて置く。配置する。「見張りを要所に―・る」
嫁がせる。縁づける。
「皆さまざまに―・りておとなびさせたり」〈東屋
[可能]くばれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くばる【配る】

( 動五[四] )
割りあてて渡す。分配する。 「郵便物を-・って歩く」 「プリントを生徒に-・る」
適当なところに割り振る。配する。配置する。 「要所要所に兵を-・って守りを固める」
(注意や目を)行き渡らせる。 「気を-・る」 「監視の目を-・る」
結婚の相手とさせる。めあわせる。 「皆さまざまに-・りて大人びさせたり/源氏 東屋
[可能] くばれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

配る/賦るの関連キーワードバックステージ・パス[backstage pass]ウエディングケーキ草木にも心を置く微に入り細を穿つ乞食も身づくろいレジメ/レジュメ炊き出し・炊出し配り餅・配り餠引っ越し蕎麦意を用いる義理チョコ人目を憚る人目を忍ぶ衣紋を繕う気を遣う早苗打ち気を回す米の守り宣伝びら心しらひ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android