コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井三良 さかい さんりょう

美術人名辞典の解説

酒井三良

日本画家。福島県生。名は三郎。別号に梧水。同郷の画家坂内青嵐に師事。のち小川芋銭を知り、その勧めで院展に出品し認められる。農村の生活や自然を詩情豊かに描いた。日本美術院監事。文部大臣賞受賞。昭和44年(1969)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井三良 さかい-さんりょう

1897-1969 大正-昭和時代の日本画家。
明治30年2月16日生まれ。坂内青嵐に師事し,大正8年国画創作協会に初入選。小川芋銭(うせん)の勧めで10年「災神を焼く残雪の夜」を院展に出品し,入選。13年日本美術院同人となる。昭和37年院展で「かまくら」により文部大臣賞。昭和44年6月8日死去。72歳。福島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井三良の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android