コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠真 さかい ただざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠真 さかい-ただざね

1671-1731 江戸時代前期-中期の大名。
寛文11年4月14日生まれ。酒井忠義(ただよし)の子。天和(てんな)2年出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩主酒井家4代となる。一族の酒井忠高に新墾田5000石を分与。不行跡のため鶴岡藩預りとなっていたもと明石(あかし)藩主本多政利(まさとし)の監視不行き届きによって元禄(げんろく)15年閉門を命じられた。享保(きょうほう)16年8月28日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井忠真の関連キーワード旅川弥右衛門中村政栄小寺信正酒井忠寄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android