コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠高 さかい ただたか

1件 の用語解説(酒井忠高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠高 さかい-ただたか

1712-1774 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)2年生まれ。酒井忠続の養子。小姓組から徒頭(かちがしら),先手鉄炮頭などをへて,明和3年奈良奉行となる。神社の鹿を殺した者を死刑にせず赦免するなど,法より人をおもんじる判決をくだした。7年京都町奉行。安永3年3月6日死去。63歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

酒井忠高の関連キーワードルイルイ福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語冷泉為村冷泉為村鳥山石燕冷泉為村

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone