酒井忠高(読み)さかい ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠高 さかい-ただたか

1712-1774 江戸時代中期の武士。
正徳(しょうとく)2年生まれ。酒井忠続の養子小姓組から徒頭(かちがしら),先手鉄炮頭などをへて,明和3年奈良奉行となる。神社の鹿を殺した者を死刑にせず赦免するなど,法より人をおもんじる判決をくだした。7年京都町奉行。安永3年3月6日死去。63歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android