コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井晦堂 さかい かいどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井晦堂 さかい-かいどう

1829-1868 幕末の武士。
文政12年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。江戸で萩原緑野(りょくや)の門にまなび,江戸藩邸内就正館,のち藩校崇徳館の教授となる。戊辰(ぼしん)戦争の際,河井継之助らの佐幕論に対して新政府への恭順を主張したが,藩論が抗戦にきまると出陣し,慶応4年7月29日戦死。40歳。名は泰光。字(あざな)は公賓。通称は孫之允,貞蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井晦堂の関連キーワード戊辰戦争ピウス8世ユゴーガロア藩学一覧早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフギリシャ独立戦争

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android