コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井正親 さかい まさちか

2件 の用語解説(酒井正親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井正親 さかい-まさちか

1521-1576 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)元年生まれ。三河(愛知県)松平(徳川)氏の家臣。清康(きよやす),広忠(ひろただ),家康の3代につかえる。永禄(えいろく)4年今川方の吉良義昭(きら-よしあきら)の西尾城を攻め,家康から西尾城をあたえられた。天正(てんしょう)4年6月6日死去。56歳。初名は政家。通称は与四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

酒井正親

没年:天正4.6.6(1576.7.2)
生年:大永1(1521)
戦国時代の武将。三河譜代最古参といわれる酒井雅楽頭系の清秀の子。通称は与四郎,名ははじめ政家,のち正親と改める。松平清康,広忠,(徳川)家康の3代に仕え,特に,天文4(1535)年,清康が近臣に暗殺されたとき,子の広忠を奉じて伊勢に逃れ,また,同11年の家康誕生のとき,臍の緒を切る御胞刀の役を勤めたことはよく知られている。永禄4(1561)年,牧野貞成の守る西尾城を攻め落とし,その功によって家康から西尾城主を命じられたが,これは,松平宗家譜代の侍が城主となったはじめといわれている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒井正親の関連キーワード呉起三河衆大河内元綱吉良宣経佐治宗貞東常氏本多正忠牧野貞成正木正康矢田作十郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone