酸処理(読み)サンショリ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しょり【酸処理】

天然ガス石油を含む頁岩(けつがん)シェール)層からシェールガスシェールオイル採取する水圧破砕法において、などの化学物質を混入した水を注入し、岩石粘土鉱物を溶解することで、採取の効率を高める処理。塩酸のほか、蟻酸酢酸などが用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android